日本佛教学会2019年度学術大会(第89回大会)
「仏教と日本 ―他文化・他思想との交流―」

日程情報

日時2019年8月31日(土)8:00~・9月1日(日)8:30~
開催校東洋大学
研究発表2019年8月31日(土)・9月1日(日)9:00~
総会8月31日(土)15:40~
記念撮影8月31日(土)総会終了後
懇親会8月31日(土)17:30~
理事会8月31日(土)11:40~12:50
9月1日(日)11:40~12:50

大会趣旨文

 2018年度・2019年度の統一テーマは「仏教と日本」である。
 これまで本学会では、「経典とは何か」「信仰とは何か」「実践を問う」「人間とは何か─人間定義の新次元へ」といった統一テーマに取り組んできた。次なるテーマとして「日本」を取り上げてみたい。私たちは「日本」という場において仏教を研究している。しかし、「日本」をあまりにも自明としてきたのではないか。本学会においても「日本」を大会テーマとして直接に取り上げたことはなかった。
 「日本」における仏教と仏教研究は、その受容以来、つねに内外のさまざまな文化との交流のなかで展開してきた。あるときは隷属的に、あるときは共生的に、あるときは排他的に、他の文化・思想と関わることによって「日本」的な特性を醸成してきたのである。「仏教」にとって「日本」とはどのような意味をもつのであろうか。
 2018年度のサブテーマは「日本的な仏教の特性」であった。2019年度のサブテーマは「他文化・他思想との交流」である。昨年度の大会で明らかになったように、日本仏教には、他には見られない特性が存在するが、その形成にあたっては、神祇信仰、儒教その他の中国思想、さらにはキリスト教を含む様々な他文化・他思想との交流があった。
 このようにして確立された日本仏教も、明治維新を契機に全く新たな段階を迎えることになる。近代科学や西洋的価値観の流入、海外への視野の拡大といった時代潮流の中で、キリスト教・海外の仏教・西洋哲学などとの対話と交流が行われるようになった。こうした活動を通して、日本仏教は自らの存在意義を再確認し、新たな時代に対応すべく、自らを変革する中で、国際的関係を模索し、かつ近代的仏教研究を推進していったのである。
 本大会の目標は、日本的仏教が形成される過程やその後における仏教と他文化・他思想との交流の解明にあるが、これはそのまま、今後の日本仏教のあるべき姿を探る契機ともなるはずである。本大会において活発な討議が行われることを希望してやまない。

2019年8月31日(土)

発表題目レジュメ発表者コメンテーター司会
9:00 - 9:20仏教は日本で何に出会ったのか ―仏教伝来の再検討―
〈キーワード〉:「末法思想」、「百済」、「「宗教」概念」
[ PDF ] 前川 健一
(東京大学)
宮﨑 健司
(大谷大学)
曽和 義宏
(佛教大学)
9:20 - 9:40正像末史観の受容と太子信仰の深化
〈キーワード〉:「廟崛偈」、「三国伝来」、「親鸞」、「三宝絵」
[ PDF ] 織田 顕祐
(大谷大学)
09:40 - 10:10コメント・質疑応答
10:10 - 10:30休憩
10:30 - 10:50大谷光端と「喇嘛教」 ―近代日本仏教と異文化―
〈キーワード〉:「チベット」、「アジア」、「文明」
[ PDF ] 髙本 康子
(東北大学)
佐々木 閑
(花園大学)
石川 琢道
(大正大学)
10:50 - 11:10井上円了における科学の世界と仏教の世界
〈キーワード〉:「井上円了」、「須弥山説」、「六道輪廻」、「科学」
[ PDF ] 伊藤 真
(東洋大学)
11:10 - 11:40コメント・質疑応答
11:40 - 12:50休憩・東西合同理事会
12:50 - 13:10『釋淨土群疑論』の日本における受容の形体
〈キーワード〉:「釋淨土群疑論」、「浄土三界摂不摂」、「日本の受容」
[ PDF ] 村上 真瑞
(佛教大学)
林田 康順
(大正大学)
楠 淳證
(龍谷大学)
13:10 - 13:30実在の浄土と観念の浄土 ―キリシタン教理書に投影された近世仏教の救済論―
〈キーワード〉:「キリシタン教理書」、「実在の浄土」、「観念の浄土」
[ PDF ] 那須 英勝
(龍谷大学)
13:30 - 14:00コメント・質疑応答
14:00 - 14:20休憩
14:20 - 14:40「五姓各別」説とインド瑜伽行派 ―種姓のない者の源流と展開を中心として―
〈キーワード〉:「五姓各別」、「無種姓」、「仏典の流布状況」
[ PDF ] 岡田 英作
(京都大学)
金沢 篤
(駒澤大学)
師 茂樹
(花園大学)
14:40 - 15:00インド・イスラームと仏教
〈キーワード〉:「インド・イスラーム」、「サイイド・ロス・マスウード」、「近代化」
[ PDF ] 榊 和良
(北海道大学)
15:00 - 15:30コメント・質疑応答
15:40 - 総会
17:00 - 記念写真撮影・懇親会

2019年9月1日(日)

発表題目レジュメ発表者コメンテーター司会
9:00 - 9:20日本仏教と「顕道無異」の思想
〈キーワード〉:「吉蔵」、「日蓮」、「顕道無異」、「宗教多元主義」
[ PDF ] 奧野 光賢
(駒澤大学)
則武 海源
(立正大学)
野口 圭也
(大正大学)
9:20 - 9:40『観音経』の日本的展開
〈キーワード〉:「法華経」、「観音経」、「観世音菩薩」、「鳩摩羅什」、「称名」
[ PDF ] 𠮷澤 秀知
(大正大学)
09:40 - 10:10コメント・質疑応答
10:10 - 10:30休憩
10:30 - 10:50親鸞における漢文訓読の特性 ―現生正定聚思想の成立を中心として―
〈キーワード〉:「読み替え」、「回向」、「摂取不捨」
[ PDF ] 前田 壽雄
(武蔵野大学)
深川 宣暢
(龍谷大学)
加来 雄之
(大谷大学)
10:50 - 11:10善導教学と證空
〈キーワード〉:「観経十六観」、「観経疏」、「譬喩」
[ PDF ] 髙城 宏明
(京都西山短期大学)
11:10 - 11:40コメント・質疑応答
11:40 - 12:50休憩・東西合同理事会
12:50 - 13:10海洋交易路における密教の流伝
〈キーワード〉:「海洋交易路」、「インドネシア」、「金剛界」
[ PDF ] 松長 恵史
(高野山大学)
野口 圭也
(大正大学)
原 愼定
(立正大学)
13:10 - 13:30釈迦金棺出現図の主題をめぐる一考察
〈キーワード〉:「釈迦金棺出現」、「『摩訶摩耶経』」、「ネストリウス派(景教)」、「キリスト復活」
[ PDF ] 安田 治樹
(立正大学)
13:30 - 14:00コメント・質疑応答
14:00 - 14:20休憩
14:20 - 14:40日本禅の多文化性 ―夢窓疎石を中心に―
〈キーワード〉:「庭園」、「文学」、「儀礼」、「唐物」
[ PDF ] 西山 美香
(花園大学)
石井 公成
(駒澤大学)
神達 知純
(大正大学)
14:40 - 15:00中世医書と仏教信仰 ―梶原性全著『頓医抄』における鬼・鬼神を手がかりとして―
〈キーワード〉:「梶原性全」、「頓医抄」、「万安方」、「仏教医学」
[ PDF ] 進藤 浩司
(名古屋大学)
15:00 - 15:20真盛上人の伊勢信仰について
〈キーワード〉:「天照大御神」、「男神」、「山王神道」
[ PDF ] 多田 實道
(愛知学院大学)
15:20 - 16:00コメント・質疑応答

これまでの学術大会

大会開催校
2019年度学術大会 「仏教と日本 ―他文化・他思想との交流―」東洋大学
2018年度学術大会 「佛教と日本 ―「日本」的な仏教の特性―」同朋大学
2017年度学術大会 「人間とは何か ―人間定義の新次元ヘ―」 ―仏教から見る「人間」定義の新次元―東北大学
2016年度学術大会 「人間とは何か ―人間定義の新次元へ―」 ―仏教における「人間」定義の諸相―相愛大学
2015年度学術大会 仏教における実践を問う ―社会的実践の歴史と展望―東京大学
2014年度学術大会 仏教における実践を問う ―社会的実践の理念―種智院大学
2013年度学術大会 信仰とは何か ―教えの展開と実践―早稲田大学
2012年度学術大会 信仰とは何か ―仏弟子ということ―花園大学
2011年度学術大会 経典とは何か ―経典の成立と展開受容―北海道大学
2010年度学術大会 経典とは何か ―仏説の意味―大谷大学
日本佛教学会学術大会